TOP > 統一地方選挙、7都道県で現職当確!?
 ← 最年少!岩手県知事選に民主推薦の達増氏が当選!? | TOP | 圧勝!都知事選、現職・石原氏の当選確実!?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


統一地方選挙、7都道県で現職当確!? 

2007年04月08日 ()

           統一地方選挙、7都道県で現職当確!?

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000071-jij-pol

 

   石原、浅野両氏による事実上の一騎打ちとなった東京都知事選は、石原氏が高額出張など「都政私物化」批判を浴びて守りの選挙を強いられる中、ディーゼル車排ガス規制など実績を強調。現職の強みを生かし2016年夏季五輪招致の推進や震災・治安対策の充実を訴え、自民、公明支持層を固めたほか、無党派層にも支持を広げた。
 浅野氏は、市民グループによる勝手連を中心とした選挙戦を展開。終盤には民主党のてこ入れを仰いだが、知名度不足の上、情報公開や福祉を柱とした政策が浸透せず、反石原票をまとめ切れなかった。

 

    都知事選挙は石原さんですし、

  

    今回の選挙は現職の候補者が強かったですね。
 


 東京のほか自民・民主対決となった4道県のうち、新人同士の争いとなった岩手は民主推薦の元衆院議員達増拓也氏が初当選を確実にした。北海道は自民、公明推薦の現職高橋はるみ氏(53)の再選が確実となった。
 神奈川は、民主の支援を受けた現職の松沢成文氏(49)が再選を、福岡では自民の支援を受けた現職の麻生渡氏(67)が4選を確実にした。
 自民、民主、公明などが再選を目指す現職に相乗りした三重は、現職が共産系新人を圧倒、再選を狙う自民系現職と共産新人の一騎打ちとなった大分、佐賀でも現職が圧勝の勢い。現職が引退した奈良、鳥取、島根は自民、公明推薦の新人が共産系候補を破る情勢だ。 

 

   なんだか、つまらない選挙戦でしたね。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.08(Sun) 21:35] 政治 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 最年少!岩手県知事選に民主推薦の達増氏が当選!? | TOP | 圧勝!都知事選、現職・石原氏の当選確実!?

カテゴリー

最近のnews

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。