TOP > 総合金融サービスへ弾み!銀・証の情報共有容認を!
 ← 消費者金融大手4社の前3月期の損失合計額が1兆円規模に! | TOP | JALの早期退職制度に約250人が応募!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


総合金融サービスへ弾み!銀・証の情報共有容認を! 

2007年04月17日 ()

                             総合金融サービスへ弾み!銀・証の情報共有容認を!

           http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000188-jij-bus_all

 

      政府の経済財政諮問会議が銀行・証券の分離規制緩和を打ち出したことに対し、大手銀行の間では欧米並みの総合金融サービス実現に期待が高まっている。企業が検討する合併・買収(M&A)や設備投資などの情報を共有することが認められた場合、「銀・証の連携による機動的な資金調達の提案が可能になる」(みずほコーポレート銀行)と予想されるためだ。

 

     銀行と証券会社は業務も

   

     類似してるしいろいろな面で

    連携できるといいですよね~

      


大手行は、これまでの規制緩和が銀行窓口で投資信託を販売したり、証券会社に株式売買を取り次いだりするなどの個人取引分野で実績を上げた点を評価している。しかし、世界的な金融コングロマリット(複合企業)化を受け、大手行は邦銀の収益力やグローバル企業の利便性の向上へ、法人取引面で銀・証の垣根を一段と引き下げる必要性を強調してきた。 

 

    これからの世界競争を勝ち抜くには

    まだまだ、いろんな規制緩和が必要ですね。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.17(Tue) 21:29] 経済 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 消費者金融大手4社の前3月期の損失合計額が1兆円規模に! | TOP | JALの早期退職制度に約250人が応募!

カテゴリー

最近のnews

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。